事業案内

コンピュータマネジメントが提供する6つのサービス分野

コンサルティング、アプリケーション開発、インフラ構築、保守受託サービス、運用技術サービス、商品販売サービスなどのシステムに関連するサービスを提供しております。

consulting

application development

Infrastructure

system maintenance

management technologies

product sales

consulting

コンサルティング

ITにかかる専門知識と実務経験豊富なコンサルティングのスペシャリストが、システム化の為の上流工程を支援します。
お客様ニーズを分析し、経営戦略や営業戦略にマッチしたシステム化計画を提案します。

STEP1
打ち合わせ、ヒアリング

お客様が構築したいシステムについて、担当者がヒアリングします。

STEP2
システム化内容の検討

システム構想の概要をすり合わせます。

STEP3
基本方針の合意

お客様と検討した結果を基本方針として社内で決定していただきます。

STEP4
提案書の提出

システム化の概要、期間、概算費用などを提示します。

STEP5
内容のご検討・ご承認

提案内容を検討され、具体的な作業プロセスに入るか否か判断をお願いします。

ここまでのサービスは、お客様が要求されるレベルによって有料か無料かに分かれます。
有料になる場合は、事前にその旨をお伝えし個別契約をさせていただきます。

STEP6以降

コンサルティングの後行程となる各種サービスをぜひご用命下さい。有料サービスになります。
・アプリケーション開発サービス
・インフラ構築サービス
・保守受託サービス
・運用技術サービス

application development

アプリケーション開発

多様な業務分野における、豊富な業務アプリケーション開発経験をもとに、優秀な技術者が、 要件定義から導入までのあらゆる工程での開発ニーズに的確にお応えします。

一括受託開発

派遣開発

Infrastructure

インフラ構築

基盤ソフト・ハードの選定から構築、導入までインフラ構築のスペシャリストが担当し、サーバ構築、データベース構築など各種の情報インフラ構築、既存システムの更改のニーズにお応えします。

お客様サイトでのインフラ構築

ベンダー様サイトでのインフラ構築

構築事例

system maintenance

保守受託

お客様の社内システムに必要な各種アプリケーション・ソフトやシステム・インフラの保守業務を当社が受託します。
これにより、お客様の社員技術者を最小限にすることができます。

アプリ保守サービス

業務や制度の変更により、アプリ改修は日常的に発生します。
当社が開発したアプリはもとより、他社開発アプリやパッケージソフトの保守も行います。
(実績:顧客管理システム、レンズオーダーシステム、工事管理システム、インターネット出願システムなど)

インフラ保守サービス

データ量増加や組織変更など、インフラ変更を要する事例は多数発生します。サーバやデータベース増設、ネットワーク変更をはじめOSのバージョンアップ、PC移設なども行います。
運用技術サービスと併せてご利用いただければ更に効果的です。
(実績:機器管理定例メンテ、定例セキュリティ対策など)

アプリ保守サービス
インフラ保守サービス
お客様社内での常駐型保守

お客様が指定される場所に常駐して保守作業を行います。

お客様が指定される場所に常駐して保守作業を行います。

当社社内でのリモート型保守

当社内で保守作業をし、期限までにお客様に納品します。

当社内で事前に準備し、お客様の指定日に出張して作業します。

management technologies

運用技術

当社運用技術に特化したスタッフが、各種のシステム運用やネットワーク監視を行います。
また、社内システムについての社員問合せ、顧客向サービスについての顧客問合せに対応する専門要員を派遣します。
これらにより、業務効率化や経費削減ニーズにお応えします。

運用・監視サービス

お客様の社内に常駐して、システム運用、監視、バージョンアップ、システム管理、ネットワーク監視、 ウィルスチェック、障害対応、障害報告などさまざまなサポートをします。

ヘルプデスク・コールセンター支援サービス

お客様の社内に常駐して、ヘルプデスクやコールセンターの運営をサポートします。 また、機器類の設置やインストール、利用者増減時の変更作業、業務効率化のためのシステム変更などテクニカルサポートもします。

product sales

商品販売

当社および提携先が開発したパッケージソフトやクラウドサービス(ASP、SaaSなど)を販売し、必要によりお客様の社内システムとの連携機能を開発します。

Quality management

品質向上への取り組み

品質方針

当社は常に品質向上とお客様満足度の向上を目指し、以下の品質方針に従い、社員一同、業務を遂行します。

1.お客様の満足度

お客様のニーズを的確に把握し、高品質の商品・サービスを提供することにより、お客様の信頼と満足度の向上に努めます。

2.品質保証

商品・サービスの品質を保証していくため、組織的な推進活動をするとともに、社員一人一人が作業品質の向上に努めます。

3.継続的改善

品質とお客様満足度を組織的にレビューし、現状に満足することなく改善するとともに、社員の教育・研修を通じ品質向上意識を高めます。

4.機密保護

お客様から提供された情報は勿論、社内情報(開発ソフトウェア、設計書類など)についても漏洩しない体制をつくり、また機密保護に関する社員教育に努めます。

一貫したシステム対応力

共通フレーム2013に準拠した「システム開発標準」を完備し、コンサルティングから保守まで一貫したシステム化対応力を保有しています。

システム開発標準

これまでに蓄積した技術・知識・経験を基に、共通フレーム2013に準拠した「システム開発標準」を定めて高品質のサービスを提供します。

構成
説明
フェーズ

1.全体・工程

開発工程の定義とシステム開発標準のアウトライン

2.見積り標準

一括案件について弊社の見積り手法

見積り

3.設計標準

要件定義・外部設計・内部設計のガイドライン

要件定義
外部設計
内部設計

4.プログラム開発標準

プログラム設計・プログラミング・単体テストにおける基本ルール

プログラム開発

5.テスト標準

結合・総合・システム・運用・受入・ユーザの各テストのポイント

結合テスト
総合テスト
システムテスト
運用テスト
受入テスト
ユーザテスト

6.納品標準

納品の手順・出荷基準・納品方法

本番移行
本番検証

7.保守標準

システム保守における対応方法

保守

8.セキュリティ脆弱性対策

高セキュリティのソフトウェア開発で実施すべき標準事項

全工程

engineers information

技術者の状況

これまでの豊富なシステム開発経験により、各種の工程、各種のシステム構成、各種の言語、各種の業務に精通したスタッフが多数在籍しています。

技術者人数 (2022年4月1日現在)

レベル
社員
契約社員
フリー技術者
合計

PM、PL

25

6

1

32

上級SE、SE

55

24

17

96

プログラマ

115

2

0

117

合計

195

32

18

245

資格保有状況 (2022年4月1日現在)

情報処理技術者試験
保有者数
その他の資格
保有者数

ITコーディネータ

1

ORACLE認定 Java PROGRAMMER

150

ITストラテジスト

2

ORACLE認定 WEB COMPONENT DEVELOPER

5

システム監査技術者

1

ORACLE MASTER Gold

3

プロジェクトマネージャ

5

ORACLE MASTER Silver

5

システムアーキテクト

1

ORACLE MASTER Bronze

10

ネットワークスペシャリスト

1

IBM DB2 エキスパート・エンジニア

4

データベーススペシャリスト

5

Microsoft
MCPD,
MCSD,
MCITP,
MCSE

10

情報処理安全確保支援士

6

.com Master ダブルスター

2

ITサービスマネージャ

1

LPIC レベル3, レベル2

計17

応用情報技術者

28

LPIC レベル1

14

基本情報技術者

50

AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト

5

情報セキュリティマネジメント

6

ITIL ファンデーション

6

ITパスポート

26

Python3エンジニア認定データ分析試験

3

保有スキル

スキル分野
種類

言 語

JAVA、VB系、C#、C、PHP、COBOL、PL/SQL、Python  など

仮想化

Hipervisor、Cloud、Thin client など

O S

Windows系、Linux、Solaris、AIX など

プラットホーム

Apache、IIS、WebSphere、Tomcat など

データベース構築

SQL Server、DB2、Oracle、PostgreSQL、Access、MySQL など

ネットワーク

LAN、ファイアウォール、VPN、ルータ・スイッチ、LB など

運用管理

Tivoli、JP1、Systemwalker、Backup Exec、CA Arcserv など

お問い合わせ

TEL

03-5828-7501

FAX

03-5828-7505

サービスのお問い合わせ、お仕事の依頼やご相談などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。