コンプライアンス基本方針

コンプライアンス基本方針

当社では、コンプライアンスを、より広く「法令やルールはもとより社会規範を遵守すること」と定義し、コンプライアンスを実現するためにコンプライアンス基本方針とコンプライアンスマニュアルを制定し、すべての役員、社員、契約社員、パート、アルバイト(以下、「社員等」という。)の意識の向上とコンプライアンス体制の整備を図り、行動します。

1.法令等の遵守

法令やルールはもとより、社会規範を遵守し、公正で透明性の高い企業活動を行います。

2.お客様への貢献

高い技術力をもって信頼性と品質に優れ、社会的価値のある製品、サービスを提供し、お客様の業績向上や発展に貢献すると共に、社会にも役立つよう取り組みます。

3.公正な取引

不当な取引や不正競争行為、優越的地位の濫用を禁止し、政治・行政を含めて全ての関係者と適切な関係を築き、 健全な競争と公正な取引を通じて、お客様やお取引先との適切なパートナーシップを築いていきます。

4.人権の尊重と労働環境

全ての人たちの人権、その他の権利や価値観を尊重し、不当な差別を行わず、労働関係法令を遵守するとともにハラスメントを防止し、安全かつ健康的で働きやすい職場環境づくりに取り組みます。
また、幅広い教育や人材育成を通じて、社員等の人間力を高め豊かな人生の実現に貢献します。

5.機密情報の管理と保護

当社の「情報セキュリティ基本方針」、「個人情報保護方針」に従い、情報資産や個人情報を厳重かつ適正に管理し、情報システムのセキュリティについて適切な対策を講じます。

6.反社会的勢力との関係遮断

社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対し、全社を挙げて毅然とした態度で臨み、一切の関係を持ちません。

7.経営者による社員等への徹底と問題解決

経営者は、コンプライアンスの実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範の上、社員等に対し企業理念や本基本方針に基づく行動の徹底を図ります。
また、本基本方針に反する事態の発生あるいは発生の恐れがある場合は、経営者自ら問題解決にあたります。

関連会社のご紹介