ITインフラ構築・運用支援 事例紹介

Client

大手SIer会社 様

約4万人が利用する勤怠管理SaaSのEOL対応

課題・背景

・お客様のSaaS製品が半年後にEOL(サポート終了日)を迎えることから、アプリケーションのセキュリティリスクを減少させ、安全なサービスの提供を継続できるよう、OS/ミドルウェアを最適なバージョンに更改することになりました。

目的

・EOLを控えているOS/ミドルウェアのバージョンアップ対応、およびアプリケーションの動作検証を実施し、アプリケーションの安全性・信頼性の向上を図りました。

【バージョンアップ対象のOS/ミドルウェア】

  • RHEL(Red Hat Enterprise Linux)
  • Apache
  • Tomcat
  • JDK
  • OpenSSL
  • PostgreSQL

ご支援内容(期間:約6ヶ月)

3種類のアプリケーション、APサーバー(19台)、DBサーバー(3台)、Webサーバー(1台)、構成管理サーバー(1台)に対して、バージョンアップおよび動作検証を実施。

アプリチームとインフラチームに分かれて、要件定義~設計~構築~テスト~移行~受入れテスト支援まで、プロジェクト管理も含め一連の作業を実施しました。

  • アプリ:

┗要件定義:開発計画の策定、新バージョン(OS/ミドルウェア)の影響調査

┗設計/プログラム改修

┗テスト(ローカル環境)

┗テスト(検証環境)

┗テスト(本番環境)

┗受入れテスト対応

  • インフラ:

┗非機能要件の定義

┗基盤設計

┗構築/テスト(検証環境)

┗構築/テスト(本番環境)

┗移行計画/リハーサル

Support Image

ご支援内容イメージ