ITインフラ構築・運用支援 事例紹介

Client

大手広告グループ会社 様

ID-POSデータ分析システムの「Amazon Linux 2」移行

課題・背景

・お客様は、全国各地のスーパーマーケットから収集した大量の購買データをオンデマンド分析するシステムについて、AWSが提供するデータウェアハウスサービス「Amazon Redshift」をベースに構築していました。

ショッパーインサイト様 クラウド導入事例

・上記システムでは、Amazon EC2インスタンスのOSとして「Amazon Linux 1」を使用していましたが、標準サポートの終了日が約半年後に迫っていました。

ご提案

・「Amazon Linux 1」の標準サポート期間終了後、メンテナンスサポート期間に突入すると、致命的なセキュリティの脆弱性以外はアップデートが提供されなくなり、セキュリティ面の危険性が高まることから、後継である「Amazon Linux 2」への移行を実施することをご提案しました。

ご支援内容(期間:約1ヶ月)

影響調査→移行テスト→本番移行の順で、Amazon Linux 1からAmazon Linux 2への移行を実施しました。

  1. 初回影響調査

┗Amazonより公開されている「Amazon Linux 2 プレアップグレードアシスタント」を使用し、現行環境におけるAmazon Linux 2との非互換性を調査しました。

  1. 詳細影響調査

┗開発環境でAmazon Linux 2への移行テストを実施しました。その後、全機能の動作確認テストを行い、影響を確認しました。

  1. プログラム等の修正

┗影響調査でプログラム等の修正が必要と判明した場合には、都度修正および動作確認テストを行いました。

  1. 本番移行用の手順書作成

┗上記影響調査の結果を反映し、既存の環境構築手順書をベースに、新環境への移行手順書を作成しました。

  1. 本番移行

┗作成した移行手順書をもとに、本番環境でAmazon Linux 2への移行を実施しました。

【移行手順】
①Amazon Linux 2で新規のEC2インスタンスを作成
②手順書に従い、必要なアプリケーションのインストール・設定の変更を実施
③新環境の構築完了後、Elastic IPやロードバランサーの転送設定を新規インスタンスに切り替え
④現行のEC2インスタンスを停止

Support Image

ご支援内容イメージ

購買データマーケティング会社事例